乳酸菌がシミ消しの力になる!そのメカニズムについて

身体に良いと言われる乳酸菌ですが、摂り過ぎてしまったらどうなるのでしょうか。乳酸菌は善玉菌なので、腸に入ると、悪玉菌を退治し、腸内フローラを作り出します。多ければ多いほどお腹の調子を整えてくれるように思いますが、注意しなければならない点もあります。

(1)お腹をこわす
胃腸が弱い人は、乳酸菌を急に大量に摂取すると、腸のはたらきが活発になりすぎて、下痢や腹痛を起こすことがあります。お腹をこわしやすい人は、最初は少量から始め、様子を見て増やすようにしましょう。

(2)カロリーや糖分の過剰摂取
乳酸菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料で摂取する人が多いと思います。その場合、カロリーや糖分に注意しましょう。身体に良いからとたくさん食べていると、いつの間にか体重が増え、虫歯の原因にもなってしまいます。

1日の摂取量の目安は、ヨーグルトであれば200gから300gと言われています。これは、かなりの量ですよね。乳酸菌をまともにヨーグルトで摂ろうとすると、毎食にヨーグルトを食べるようになり、続けられる人は少ないのでは?適宜、サプリメントを活用し、ヨーグルト以外の食品からも乳酸菌を摂取するようにして、バランスに気を配りましょう。

数年前からアメリカでは、普通の治療法として、腸内細菌移植が行われています。「移植」と聞くと、なんだか高度な医療技術で良さそうに思えますが、じつは、腸内細菌移植とは、便移植とも呼ばれています。

「えっ!」と思いますよね。そうなんです。この方法は、善玉菌が優勢の腸を持つ人の便を腸内に移し、悪玉菌を減らして理想的な腸内環境を作ろうというものなのです。

腸内細菌移植は、水で溶かした便をお尻から直接注入します。内視鏡を使って大腸に注入するので、身体への負担はありません。とても簡単な方法です。移植する便は、感染症や寄生虫がなく、病歴などを厳格にチェックされた近親者から採取されます。当日の6時間以内に排出された物と言いますから、提供者の負担があるような気もしますね。

移植の目的は、大腸の感染症、潰瘍性大腸炎などです。ところが、臨床的に使用される中で、移植後、肥満体質に変わってしまった人がいました。ということは、肥満の人は、痩せた人の便を移植したら痩せられるかもしれません!そこで、最近は、肥満対策への活用も模索されています。将来は、ダイエット法の1つになる可能性もありますね。

乳酸菌の種類はとても豊富です。でも、どんな乳酸菌でも身体に合うわけではありません。人によって相性があるのですよ。
そこで、乳酸菌の中でも効果が高いものを取り上げ、特徴をチェックしてみましょう。

○乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)
ヤクルト菌は、1935年から乳酸菌飲料「ヤクルト」に使われています。誰もが知っている乳酸菌の1つですよね。正式名称は、ラクトバチルス属カゼイ菌YIT9029株です。
特徴は、胃液や胆汁で死滅せず、生きたまま腸内に到達できる点です。おもに小腸ではたらき、腸内のビフィズス菌のエサとなります。最近では、肌に塗る効果も見い出され、化粧品に応用されています。

○R-1乳酸菌
明治が保有する約4000種類の乳酸菌から選び抜かれた逸材です。正式名称は、ラクトバチルス・ブルガリクス1073R-1乳酸菌です。
R-1乳酸菌は、免疫力を高める効果が特徴的で、冬に流行するインフルエンザの予防にも効果があると報道され、大人気となりました。腸内には、免疫力を高めるのに必須のナチュラルキラー細胞(NK細胞)がありますが、R-1乳酸菌は、この細胞を活性化させる働きがあるのです。

○LG21乳酸菌
こちらも明治の豊富な乳酸菌から発見されたものです。正式名称は、ラクトバチルス属ガセリ菌2716株です。
ラクトバチルス属は、胃に生息するピロリ菌を退治するのに効果的とされていますが、その中でもLG21は、ピロリ菌対策に効くと言われています。その理由は、胃酸に強く、胃の粘膜にしっかり吸着して、胃の中に長くとどまるから。この乳酸菌のはたらきで、ピロリ菌を減らし、胃の粘膜を丈夫にすることができます。そのほか、コレステロール値を下げるはたらきなども備えていますから、幅広い効能を期待できますよ。

○フェカリス乳酸菌

正式名称は、エンテロコッカス属フェカリス菌です。
免疫力を高め、花粉症を始めとするアレルギー症状を緩和する効果があります。フェカリス菌もほかの乳酸菌と同様に免疫力を高める効果がありますが、粒子が小さく、熱に強いのが特徴です。約500ナノメートルという超微粒子なので、いちどに大量に摂取することができます。また、フェカリス菌は、加熱殺菌された状態でも高い効果を得られることが分かっています。これが、熱に強いという意味なのですね。この特徴によって、加工しやすく、いろいろな食品に使用できる便利な乳酸菌でもあるのです。

○プラズマ乳酸菌
2011年に発表されたばかりの新しい乳酸菌です。キリンと小岩井乳業による共同開発ではっけんされました。
免疫細胞の司令塔とも言えるプラズマ細胞を活性化する乳酸菌です。免疫機能を高めるさいぼうとしては、ナチュラルキラー細胞がよく知られていますが、プラズマ細胞はそれよりも早くウイルス等に反応する細胞で、ナチュラルキラー細胞のようなほかの細胞に指令を出す役割を担っています。プラズマ乳酸菌は、このプラズマ細胞を活性化させるので、ナチュラルキラー細胞だけではない、免疫細胞全般に効果があるのです。インフルエンザ、ロタウイルスなどに効果があります。

以上、乳酸菌の中でも効果が高いことで知られるものを5つピックアップしました。どれも、単に腸内環境を整えるというだけでなく、胃や腸でさまざまなはたらきをします。いろいろ試して自分に合う乳酸菌を見つけられると良いですね。

女性のシワの原因は?ある特性の成分が関わっている

女性のシワの原因はいくつかあり、まずは加齢による肌の弾力低下です。ハリが失われ水分がなくなっていくため、シワができやすくなります。いわゆる乾燥が原因ということになります。特に表情が豊かな人は口元にできやすく目立ってしまいます。顔の筋肉をあまり使っていない人は、シワの跡が戻りにくいとされています。

2つ目は紫外線による真皮や表皮へのダメージです。紫外線は知らない間にたくさん浴びています。これが蓄積されることによって弾力低下が生じ、シワができやすきなるのです。日航にほとんど当たることのないおしりなどはツルツルですよね。このように光に当たっていると肌がかなりのダメージを受けることになります。露出の多い肌や手はシワができやすいということになります。

続いて年齢によるホルモン量の低下です。年齢を重ねることによって避けられないのがこのホルモン量です。30歳~50歳にかけて急激に低下するとされています。低下することにより、肌の張りが失われシワができてしまうのです。

シワの主な原因はコラーゲンやエラスチンの減少です。なので日ごろのスキンケアで補ってあげることが大切です。代表的なシワ対策有効成分はビタミンC誘導体で、ビタミンCよりも浸透しやすく肌になじみやすいのが特徴です。化粧水に配合されているものもありますので、それを使用すると良いでしょう。

こうしたシワ対策の知識は、わかりやすくまとめられたサイトを参考にするのが最も効率的です。私は以下のサイトをネットで見つけて分かりやすかったので紹介しておきますね。(タイトルがなんかダジャレみたいですが・・・)

eシワ取りクリーム!噂の新成分や定番の人気アイテムまで

あとは食べ物での対策です。食べ物の中にもシワに効く成分の含まれたものがあります。ビタミンA、C、Eは肌を作るのに重要な成分で、抗酸化物質のひとつとして注目されています。ビタミンAは人参や牛レバーなど、ビタミンBにはキャベツやカリフラワー、ビタミンEはカボチャや大豆などに多く含まれています。

ポリフェノールにもアンチエイジングに最適で、ブルーベリーやゴマなどに多く含まれています。これらの食材を毎日の食事に取り入れることで自然とシワ対策ができます。これにプラスして化粧水をビタミンC誘導体のものを使用するとより効果的にシワ対策ができます。

シワが気になりだしたらアヤナスエッセンスコンセントレートがオススメです。シワ対策の化粧水として好評価を得ています。ディセンシアのエイジングケアシリーズで、敏感肌や乾燥肌の方の強い味方です。特許技術で作られており、世界を代表するポーラ研究所のエイジングケア研究から生まれました。

濃密化粧水のセラミドナノスフィアが肌の奥まで潤いを届けてくれ、柔らかでしっとりとした肌へと導いてくれます。糖化ケア美容液で見た目年齢を左右する「たるみ毛穴」と「黄ぐすみ」を改善してくれ、集中的に美しさを呼び覚ましてくれます。ハリアップクリームで外部からの刺激を守り、ハリと弾力のある肌へと改善してくれるのです。

アヤナスエッセンスコンセントレートは雑誌でも取り上げられるなどして評価の高い化粧品です。ベストコスメ5冠を達成するなどしています。ほうれい線やシワが気になる人は、この3ステップでシワのない若々しい肌を手に入れましょう。

顔のむくみはどうやって治す?気になる3つの方法

朝起きた時に、ぽってりと顔が大きくなっている・・・なんだかいつもより顔がむくんでいる、と感じる時はありませんか?これは、体内に必要以上の水分や老廃物が停滞していることが原因で起こる症状です。体内において不要なものが適切に流されていかない、つまり、血液やリンパの流れが滞ってしまっているのです。

また、顔のむくみは朝感じ、日中には解消されている、ということが多いのではないでしょうか。これは、眠っている時に頭と体がほぼ同じ高さにある為で、起き上がり活動することで重力に従って胴や足へ水分が下っていき、顔のむくみが解消されたように見えるのです。

水分や不要なものの停滞は、主にアルコールによって引き起こされます。アルコールは血管を膨張させる働きがあり、これによって血管内の血の流れがゆっくりになります。普段どおりのスピードで血液が流れていかない、つまり普段どおり水分や不要なものが流されていかなくなり、結果むくんだような状態を作ってしまいます。

顔に停滞している水分を、リンパの流れを良くすることで体内へ流すサポートをするマッサージです。
リンパの流れの入口と出口をきちんと作るため、必ず次の3ステップで行うことをおすすめします。

1.首をほぐす
顔と体をつなぐ首をほぐすことで、リンパを正常に流す通り道を作ります。
ストレッチは呼吸をしながらゆっくりと行ってください。
左右に5回、前後に5回、頭をぐるりと左右3回ずつまわします。
首を左右・前に倒すときは手を添えて、その重みでストレッチをサポートするとより効果的です。

2.顔のマッサージ
両手で頬を覆います。
この時左右の手のひらの付け根が少し触れる程度の位置がベストです。
そこから強い力をかけすぎないようにしてゆっくりと耳の上に向かって顔全体を引き上げます。
10回を目安に行って、顔の水分をリンパへ流します。

3.体へリンパを流す
耳の裏から首の側面を通って鎖骨の方へゆっくりと指を動かし、リンパが顔から体へ流れていくのをサポートします。

顔のむくみがないときもマッサージとして効果的なので、是非習慣にしてください。

顔のむくみの解消には、サプリメントも有効です。むくみの原因である体の水分や老廃物を、体の巡りを良くすることできちんと流し、解消させるサプリメントがあります。朝起きた時の顔のむくみが、日中に解消されても、今度は足がむくんできた・・・ということはありませんか?

これは先述の通り、顔のむくみを引き起こした水分や老廃物が、ただ重力に従って体の末端に移動しただけで、根本的な解決になっていません。普段の食生活を改善し、適度な運動で体の巡りを良くすることができれば一番ですが、なかなかすぐには改善が難しい場合もありますし、仕事やプライベートの予定によっては、それらが計画的にできないことも少なくありません。

それらを補うべくサプリメントを利用することで、一定水準の体の巡りをサポートし続け、顔のむくみの解消・予防につながります。むくみに効く栄養素は様々あります。ただ、栄養素の掛け合わせにより効果を高めたり、逆に効果を出せなくなってしまうことがありますので、栄養素ごとのサプリメントを摂取するのではなく、むくみに特化したサプリメント1種類で試すことをお勧めします。

2017年注目のスーパーフード3選!どれも身体によいものばかり

アセロラは、西インド諸島やカリブ海、中央アメリカから南アメリカ北部までをおもな原産地とするフルーツです。バラ科の常緑低木で、1~2cmほどのサクランボのような小さい赤い実が熟します。アセロラの最大の特徴は、そのビタミンCの含有量です。100gあたり、1,000~2,000mgもふくまれてるといい、これはじつにレモンの10~20倍ほどの量になります。

日本でも沖縄で栽培されていなすが、とても傷みやすい性質があるので、基本的にはジュースや粉末状にして摂取することが多くなります。スピルリナとは、藍藻類の一種です。そのサイズは、長さがわずか0.3~0.5mm、幅が0.005~0.008mmしかありません。螺旋状にねじれた形状で、スピリルナという名前は、ラテン語の「ねじれる」「らせん」という単語に由来しています。

熱帯地方の湖で多く見られ、30億年以上前から存在するといわれています。

植物でありながら、動物性ならではのグリコーゲンを作るという特徴を持っていて、人間にとって必要な5大栄養素をすべてふくんでいます。なかでもタンパク質は、60~70%の含有量で、人間が体内で作ることのできない9種類の必須アミノ酸がすべてそろっています。ほかにも、食事では得ることが難しいマグネシウムや鉄などのミネラルも豊富です。

人工栽培が簡単で、安価で大量生産できることから、将来的な食糧危機を乗り切るためのタンパク源としてNASAなどでも研究が行われています。そして、なかでも美容成分として注目されているのがβカロテンです。βカロテンは活性酸素を減らす作用があるため、肌の酸化を抑え、シミやシワの予防に役立ちます。また、皮膚や粘膜を保護する働きも持っているので、肌荒れや乾燥肌、ニキビなどにも効果があるといわれています。

スピリルナには、そのβカロテンがほうれん草の約70倍、人間が一日の食事で緑黄色野菜から得るのと同じくらいの量がふくまれているといわれています。

それ以外にも、葉緑素やビタミンC、ビタミンE、などにも抗酸化作用が認められています。また、スピリルナには、核酸という遺伝子の材料となる成分もふくまれています。そのため、より新陳代謝を活発にして、細胞を若返らせるアンチエイジング効果もあると考えられています。

ほかにも、免疫を高めたり、生活習慣病を防いだり、貧血や疲労回復、便秘解消、ダイエットなど幅広い効果も期待される成分です。スピリルナは吸収の良さも特徴で、2時間も経てばその約90%は体内に消化されるといいます。基本的に、粉末や錠剤になったサプリメントで摂取することになりますが、毎日続けられるように自分に合ったものを選びましょう。

このビタミンCにくわえ、アントシアニンというポリフェノールも多くふくんでいることから、美肌成分としても大いに注目されています。

もともと、ビタミンCというのは、肌や爪、髪などの素となるコラーゲンを作り出す、新陳代謝には欠かせない重要な成分です。これにくわえ、アントシアニンとともに、活性酸素を取りのぞく抗酸化作用も持っています。活性酸素は肌を酸化させて、シミやシワを作る老化の原因となります。ビタミンCとアントシアニンの抗酸化作用は、これを食い止めるアンチエイジング効果も持っているわけです。

また、アセロラにはケルセチンというポリフェノールもふくまれていて、こちらには関節炎や口内炎などの炎症を抑える作用があります。これによって、毛穴の炎症が原因となっているニキビを防ぐ効果も期待できるのです。

アセロラには、ほかにも、免疫力を高め、血行促進、疲労回復、さらにコレステロール値や血糖値を下げて、さまざまな生活習慣病をふせぐ効果などもあります。普段から健康が気になっていたり、肌トラブルで悩まされている人にはとてもおすすめのスーパーフードといえます。

米ぬか油は、玄米から白米を精製するさいに出る米ぬかから得られる植物油のことです。天然油としては、国内で唯一高い生産量をほこり、古くから私たち日本人のあいだで親しまれてきました。抗酸化作用が強く、食品の酸化や腐敗を防ぐためにも用いられます。その抗酸化作用から注目されているのが、美肌成分としての活用です。

なかでも、ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれ、シミやシワなどの原因となる活性酸素を、体中から取りのぞく高価を持っています。さらに、その約50倍という強い抗酸化作用を持った、スーパービタミンことトコトリエノールも米ぬか油にはふくまれています。

また、米ぬか特有の成分であるγ-オリザノールには、血行を促進して肌のツヤを生み、メラニンを抑える美白効果があるとされています。ほかにも、コレステロールを減少させたり、自律神経を整えたりする効果も期待することができます。また、クレンジング効果があることから、化粧品などにも多く用いられている成分です。

米ぬか油自体が良質な脂分となり、乾燥肌や肌荒れを防いでくれます。さらに、植物性の米ぬかセラミドには高い保湿作用があるので、肌にうるおいをもたらし、よりきめの細かい透明感のある美白作用も実感することができるのです。

古くから用いられてきた天然成分だけあって、日本人に肌なじみもよく、安心して使うことができます。体にやさしい化粧品を求めている人には、とてもおすすめの成分です。

タバコは身体はもちろん肌にも非常に悪いもの

喫煙によって体内に吸収されるニコチンには、交感神経を刺激して血圧を上げ血管を収縮させる作用があります。血管が狭くなれば当然血流が悪くなるので、本来体の隅々まで血液によって運ばれるはずの栄養があまり行き届かなくなることになります。栄養不足の影響は肌にも出てきます。肌でも新しい細胞が作られづらくなって、古い細胞が残りメラニン色素も溜まったままになるのでシミができてしまうのです。さらにニコチンは体内のビタミンCも破壊してしまいます。

ビタミンCにはメラニンを抑制する効果があるのです。タバコ1本につき、約25~100mgのビタミンCが破壊されると言われています。成人のビタミンCの1日の必要摂取量が約100mgなのでその影響の大きさは甚大です。ビタミンC不足により、いっそうシミができやすくなってしまいます。このようにニコチンがシミをできやすくしてしまうことは明らかなので、喫煙とシミの関係は大いにあるということが言えます。

喫煙はシミだけでなく体に様々な悪影響をもたらします。タバコの煙には4,000種類の化学物質が含まれていて、その中には200種類以上の有害物質が含まれています。有害物質の中でも特に危険性の高い発がん性物質は50種類以上含まれています。それらによって肺がんはもちろんのこと、食道がん、胃がん、子宮頸がんなど様々ながんを引き起こしてしまいます。

がんの様に喫煙が直接ひき起こす病気だけでなく、脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドローム、胃潰瘍、COPD、肺炎、喘息、うつ病、バセドウ病、骨粗鬆症、EDなど、全身の病気のリスクを高めてしまいます。妊娠、出産へも悪影響があり、乳幼児突然死症候群の発症にも関わってくるので自分だけでなく、大切な子どもにも重大な結果をもたらします。ニコチンは依存性の強い物質なので、喫煙をやめようとしてもニコチン依存症によって、喫煙をやめるのは非常に困難なものになっています。

喫煙はニコチン依存症によりやめるのが大変困難なものですが、病院での治療によって禁煙を目指す禁煙外来というものがあります。禁煙外来は、喫煙をやめたい人向けに作られた専門外来の科目であり、条件付きではあるものの健康保険の適用が認められています。その内容は精神面での禁煙支援、ニコチンガム、ニコチンパッチを使用して行うニコチン置換療法、非ニコチン製剤を使用して行う治療法が主なものになっています。

禁煙外来は、総合病院だけでなく、内科や循環器科、婦人科、外科、心療内科、耳鼻咽喉科など、様々な所で行われていて、医師が喫煙歴をきちんと把握して治療の経過を見守ってくれるので効果が高いです。禁煙中にどうしても喫煙したいという離脱症状が起こっても、医師が相談に乗り対応してくれることで成功する確率が上がります。禁煙しようと思い立ったら、まず禁煙外来に行って医師に相談してみることをお勧めします。医師や薬を上手に使って確実な禁煙を実現させましょう。

敏感肌は花粉症によってより悪循環へ

肌のバランスや状態というものは様々な要因から影響を受けるものですが、中でも春先に気を付けたいのが花粉症からくる肌のトラブルでしょう。花粉症の季節になるとなぜか敏感肌を発症したり症状が悪化する人も多くいるそうですが、これはアレルギー性の敏感肌と炎症性の敏感肌と二つに分かれます。まずは花粉症ではない人が潜在的な刺激に対して敏感肌のような症状が出ることがあります。

これはアレルギー症状の一種ですが、花粉症を発症していないので通常の肌荒れと区別がつきにくいものとなっています。当然ですが花粉症を発症している人は、それだけ身体がアレルギー反応を起こしやすい体質になっているので、それだけ敏感肌を発症してしまうケースも多くあります。

また肌のバランス自体が弱くなっている時には花粉というものは刺激物になってしまうので、これが原因で肌が炎症などを起こしてしまうケースもあるので、これを放っておくと敏感肌を発症してしまうことがあります。

敏感肌というものは、実際にかなりの肌トラブルの原因となるのでしっかりとしたケアが大事となります。敏感肌の原因に関しては食生活や生活習慣、そして精神的なストレスなどがありますが、これらは当然肌バランスや女性ホルモンに対しても悪い影響を起こすので、身体全身として様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。また春先は実際に肌バリアが弱くなってしまうこともあり、それが原因でさらに多くの肌トラブルになってしまうのです。

まず敏感肌のトラブルとしては化粧品が突然合わなくなるということでしょう。

実際には段々と症状が現れてくることもあるので、知らないうちに化粧品が合わなくなったのにそのまま気づかずに使っていると、想定以上の肌ダメージを受けてしまうのです。メイクに関しても同じことが言えてそれまで使っていたメイクが使えなくなったり、ダメージが多くなることでノリが悪くなるということもあります。肌ケアに関しては敏感肌だと修復したりするのが大変になるので予防をしっかりと心がけるのが必要となります。

肌が敏感になってしまったら当然ですが化粧品を敏感肌用のものに変えるのが良いでしょう。敏感肌に悩んでいる女性は結構多く化粧品メーカーも専門のものを多く作っています。

まずは公式ホームページなどを参考にしつつ、情報サイトなどの口コミで自分に合った症状のケースを参考にするのが良いでしょう。当然ですが刺激になる成分が入っている化粧品はまずアウトですので、鉱物油・ミネラルオイル・油脂・香料・エタノールなどが入っているものは避けるべきでしょう。

幸いにも敏感肌用の化粧品はこれらの成分がほとんど入っていないのが基本的となっているので、自分の肌に合っているものをサンプルなどを試して使ってみましょう。また敏感肌に関しては肌バリアが弱くなっていることもあり、基礎化粧品としては保湿がしっかりとできるものが人気が高いです。

乳液やクリームなど高濃度で保湿が出来るものが便利ですし、最近だとヒト型セラミドなどが優れた効果を出すことで人気です。